外壁塗装の相場と業者の選び方

料金(=価格)・費用の相場は?

 

外壁塗装工事において、一番多く受ける質問は「どのくらい費用がかかりますか?」と言って間違いありません。

 

料金を構成する要素は、塗料メーカーや樹脂・足場&養生等たくさんありますが、一番大きいのは職人の人件費です。

 

 

この人件費の割合は非常に大きくなりがちです。

 

既存の住宅等の補修修繕というサービス業になるわけですから当然でもあります。

 

この点、「人件費が高過ぎる!」と相談をいただくこともありますが。

 

よく考えていただきたいことは、人件費を不合理に圧縮しようとすると、その分、塗る前の段階である足場・養生・洗浄や下地調整部分で手を抜かざるを得なかったり。

 

職人の数を減らして、省力化しようとする考えが働くため、最終的には施工主に出来栄えとしてしっぺ返しが来る可能性があるということです。

 

 

塗装業者の視点からすると、競合他社の乱立と、ネットを介した相見積もりによって、料金は下がり、経営も厳しくなっている傾向にあります。

 

また最近では、職人不足により人件費も高騰しているという二重苦によって、その分をどこかで帳尻を合わせようとする会社も散見されます。

 

 

では今の段階で「料金(=価格)・費用の相場は?」というとuあたり8000円〜9000円で見ていた方がいいかと思います。

 

塗装業者で長年やっている老舗業者だとこれより高い金額で出てくることも普通にあると思いますので、あくまで参考金額として見ていただきたいです。

 

 

このuあたり8000円〜9000円というのは、前述した塗装業者を取り巻く厳しい経営環境から最近の相場として形成されているものです。

 

老舗業者では10000円強というところもすくなくありません。

 

その違いは何かというと、今までの経験則だったり実績です。

 

 

uあたり2000円も違うとなると、住宅の塗装工事だと最終的には数十万円変わってきます。

 

ただ、その価格に違うだけの仕上がり(美観性・耐久性)であることも多いので、「金額が安いから」という理由だけで決めてしまわないほうが良いかと思います。

 

 

あくまで、価格とサービス両方を十分基準に満たしてくれる業者を選ぶべきです。

 

 

後悔しない色の知識

 

外壁の塗装工事をしたはいいものの、当初頭で描いていた色合い・雰囲気と違い、満足できない、最悪の場合トラブルになってしまうこともありえます。

 

そこでここでは、失敗しない色選びの方法に関して学んでいきましょう。

 

 

まずは、大枠のカラーの方向性を決めていく必要があります。

 

とは言え、周りの景観との調和を取っていく必要もありますので、好き勝手な色合いにすることは出来ません。

 

 

その前提条件の上で、あたたかみを持たせた色合いなら暖色系の色合いから選択することになるでしょう。

 

またクールな外観であるなら反対に寒色系になります。

 

先程もお伝えしたとおり、周りとの調和、またサッシや、屋根との色合いの組合せイメージもありますので完全に自由な選択には出来ないと思います。

 

元々ある、住宅の環境や素材を活かした色合い選択をするべきです。

 

 

大方の塗りたい色合いが決まったら、使用する色合いの色見本帳を業者から借りましょう。

 

色見本帳は多くの場合、メーカーから業者へ無償提供されているものなので最大限利用させてもらったほうがよいです。

 

色合いによっても金額は変わってきますので、その点も注意しながら選定作業を行います。

 

 

選定作業が終わったら、必ずやってほしいことは、同色を使った現場を業者に見させてもらうことです。

 

というのも、色見本帳やメーカーの用意したサンプルはどうしても、小さなものになってしまい全体観がイメージしにくいのが実際のところです。

 

そこでトラブルになってしまいやすく、実際に住宅の外観と合わせてみると思っていたものとは全く違うということがありえるのです。

 

全く同色で塗装工事をしている、現場はないかもしれませんので、その場合は同色系の現場を案内してもらってください。

 

 

こうした作業を地道にやって、業者と打ち合わせていくことでその後のトラブル回避になりますし、またあなたにとっても最良の塗装工事になることは間違いありません。

 

 

悪徳業者にダマされない方法

 

悪徳業者というと「ギョッ」とする方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、ちょっとイメージするものとは違っているかもしれないので、はじめにお話させていただくと。

 

悪徳業者の意図するところとしては「ひどい契約をする業者」ではなく、「お客にわからないように手抜きをする業者」のことです。

 

 

これだけインターネットが発達した現在においては、悪評はすぐに回りますし、誰でもわかるひどい契約をしてしまっては商売がすぐに立ちいかなくなってしまいます。

 

そこで心ない業者が何をするかというと「素人」に気づかれない程度に手抜きをするのです。

 

 

今回は手抜きの常套手段である、単層弾性塗料に関してお伝えします。

 

 

単層弾性塗料は聞き慣れない言葉でしょうが、分かりやすく説明すると「上塗りし厚みをつけて仕上げる塗料」です。

 

これを悪徳業者の場合は、メーカー指定の通常希釈率よりも更に薄めることで塗料を節約しようとするのです。

 

上塗りし厚みをつけて仕上げる塗料ですので、それが薄くなってしまうと本来の性能は発揮されません。

 

 

結果として、仕上がり時の美観性が損なわれてしまったり、耐久性が通常よりも短くなってしまうといった事が起こるわけです。

 

これは施工主である私達の意思を無視したヒドイ工事ですよね(苦笑

 

 

ちょっと細かい話ですが、この単層弾性塗料は最近利用していない業者が増えています。

 

それは、メーカー規定通りに使用しても性能が他と比べ劣ることがおおく、特に塗膜の弾力性が長続きしないことも手伝って嫌う業者も多いのです。

 

また性能の割に金額も高いので、塗料費として高く付いてしまうことも多いので、最初からこの塗装素材は使用しないという選択もひとつはありだと思います。

 

 

最後に希釈率通りに使っているかどうかを見分ける方法をお伝えしますが、非常に簡単です。

 

100u程度だと8缶の塗料材を利用しているかどうかを見て下さい。

 

巻数は塗装面に比例して変わってきますが、これから大きくズレている場合は希釈率の規定を守っていない可能性が高いと言えます。

 

 

屋根塗装の種類

 

外壁塗装工事を検討されているようであれば、足場を設置するはずです。

 

屋根部分も一緒に塗装工事を行える方が、後々やることになるのなら経済的ではあります。

 

外壁に比べると、雨や風も常に吹き付ける箇所なので、経年劣化も激しい箇所ですので、塗装による保護は必要でしょう。

 

もし予算的に余裕が有るのなら、屋根部分の塗装も検討されるとよいでしょう。

 

 

屋根材は使用する地域によっては多少違いがりますが、多くはカラーベスト・コロニアルが利用されています。

 

ただ、雪の多い関東以北の地域などでは板金屋根を利用することも多いです。

 

屋根材に関しては、一般的にご存知の方も少ないかと思いますので以下説明いたします。

 

 

カラーベスト・コロニアル屋根

スレート屋根とよばれるものです。
アスベストとセメントを圧縮形成し、暑さ4.5mmにした後にアクリル塗装した屋根材です。
アスベストと言って、反応された方もいらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、現在製造されているものにはアスベストは利用されていません。
以前(2000年以前)製造されたものには混入されている割合が高いです。

 

このタイプの屋根材は現在最もポピュラーで、昔ながらの瓦に変わって日本国内で一番使われています。

 

 

乾式コンクリート瓦

パラマウント、スカンジア瓦などのことをいい、日本瓦とは全く違う特性をもった少し癖のある屋根材と言えます。
塗装による塗替えが必要となり、他の瓦と比べると着色セメントの傷みが早いです。
実際に日本住宅に利用されている例はそれほど多くはありませんが、もし該当する場合はそういった特性を知っており経験のある塗装業者に任せないと、すぐに塗装が剥がれてしまったりとトラブルの種になりかねませんので気をつけて下さい。

 

 

板金屋根

アルミを55%含んだ屋根材のことを言います。
アルミと言うとわかりやすいですが、非常に軽量で特に積雪地域なのでは躯体への重量負担が少ないので利用されているケースが多いです。